沈黙を破る 掲示板 TKBBS1 by Salut! Web Master's Heaven

HOMEへ戻る BBS MENU : ページ更新 / 最初のページ / 使い方 / ワード検索 / 記事の削除 / 管理者モード


沈黙を破る 掲示板
 
はじめにお読み下さい
この掲示板は、「沈黙を破る」についてのご意見や情報交換のためのスペースです。この映画と直接関係のない書きこみはご遠慮くださいますようお願いいたします。
他者に対する中傷や嫌がらせなど、ウェブサイト管理者が不適切と判断した場合は、発言を削除することがありますのであらかじめご了承ください。
掲示板に書きこまれるすべての発言の内容は、投稿した本人のみが責任を負うものとします。
この掲示板の活用を、心よりお待ちしております。
 
おなまえ
E-mail
※E-mailは入力必須項目ではありません。E-mailを入力して投稿された場合、メールアドレスは掲示板に公開されます。公開することより迷惑メールも届く可能性がありますのでご注意ください。
URL
題名
コメント
※コメント内にタグは使用できません。
パスワード ※記事のメンテ時に使用。英数字で8文字以内
文字の色

NUMBERに90502と入力してください 左の数字を必ず入力してから、投稿ボタンをクリックしてください。
数字の入力:     
No.4 シュプリーム激安通販 投稿者:シュプリーム激安通販 2018/08/09(Thu) 11:42:33
可愛い花柄を落とし込んだ薄手のコットン生地を採用した http://kidying.com/brand-190.html シュプリーム激安通販ボックスロゴキャップ。ヴィンテージの花柄をモチーフにデザインされ、ややかすれたような風合いが品の http://kidying.com/ ブランド スーパー コピー良さを演出したSUPREME通販キャップはフロントにボックスロゴが上品に仕上げ、後ろはスナップバックでサイズ調節できます。

No.2 全ての世代に観てほしいです。 投稿者:りき 2009/07/27(Mon) 01:35:22
以前から薄々と感じていたことですが、戦争による最大の被害者は被害を受けた住民達。そして次の被害者は加害者の代理人として手を血に染める仕事を行う兵士達…。
最大の加害者とは戦いを反対できる環境にありながら自らの利権や特権を維持するため手を汚さずにセキュリティーや進攻を主張する有権者達。そのような単純なものではないと反対意見もあるだろうが、この映画で私はこれで構わないとシンプルに考えられるようになりました。
私の中にも怪物は住んでいます。たまたまそれが日本では平和憲法というか弱い檻で囲われていただけなのだと思う。
そのことに気づかせてくれた元兵士達の言葉と勇気に深く感動したと同時に「怪物」の犠牲者がこれ以上1人でも増えることが無い様にと強く願わずにはいられません。
出演者ひとりひとりの言葉の重さに涙が止まりませんでした。

No.3 Re: 全ての世代に観てほしいです。 投稿者:darimukure 2009/08/14(Fri) 23:41:41
全ての世代に観てほしいです。・・・は賛成です。
が、もっともっと、あからさまにしなければなりません。

単純なものではないと反対意見もあるだろうが・・・、とありますが、
もっと単純に考えると、より鮮明に見えてきます。
すなわち、この行為は誰が得をするのか・・・?
誰が損をするのか・・・?
ということです。

直接的に被害を受ける者と直接的に加害を与える者とは、
見た目で加害者・被害者になりますが、
損・得で考えると両方被害者です。
両方を手ごまにして結果得をしている者の存在を考えなければ、
平和は絵に描いた餅です。
No.1 映画を見て 投稿者:こうの 2009/06/10(Wed) 20:40:04
今、日本でも北朝鮮の脅威からこの国を守るために憲法を改正して武力強化、核武装をという意見をよく耳にします。戦争を体験したことのない私は戦争はだめだ!だけど、仮に攻撃された場合にどーするんだと問われれば答えに窮します。その問いには今もやっぱりうまく答えられませんがこの映画を見て、特にあの、NPO沈黙をやぶるを支援している娘さんを殺された方の言葉を聞いて武力では何も解決できないし、そういう行為を許してはいけないと強く思いました。また、事実をいろんな方向から客観的に見なければ過ちを繰り返してしまう怖さをNPO沈黙をやぶるのメンバーである両親の発言や議会での女性議員の発言を見て感じました。
ニュースでもイスラエルの人々のほとんどがガザ攻撃を正当だ!と。なぜなのか?と前々から疑問でした。事実から目をそらしている。それが答えだったんだ。自爆テロをしているからしょーがないとは自分たち側の正当な事実であり、実際どんなひどいことが行われているのかとか、相手の痛みは見えないので想像しない。自分の家族、暮らしを守りたいと思うのはイスラエル人、パレスチナ人共通であるのに。力を持った兵士が非日常下におかれてどういう精神状態におかれるかも想像しないで。その点については私も同じですが…。攻撃する側は何かしらの大義を掲げ自分達を正当化しようとする。でも、必ず多くの犠牲がそこにはあり、大きくても、小さくても犠牲がでる事実に正当な攻撃理由などないことに気がつかないふりをしている。それとも声はあげられないのでしょうか。通常の国の一握りの上層部の人たちが大きな原因であるにも関わらず、いつも犠牲になるのは力のない一般市民。この映画をイスラエルやパレスチナの人々が見たらどう思うのでしょうか?怒るでしょうか、それとも何かが変わるでしょうか?見た感想を聞いてみたい気がしました。
「怪物になる」という言葉が衝撃的でした。
虐殺行為がニュースで流れると、それは一部の心ない人の行為だと思っていました。きちんと教育を受け良識を持った人が変わっていく事実はショックでしたが、彼らの話を聞いているととても納得しました。
彼らはとっても勇気のある人たちですね。平和ボケした私達にはとっても重みのある言葉でした。
人、戦争、平和、事実、理性、行動、家族、自由、生と死、テロ等いろんな事を考えさせてもらえる映画でした。
ありがとうございました。
シグロ宛のご質問は、siglo@cine.co.jpへ、もしくはお電話(03-5343-3101)にてお問い合わせ下さい。

TKBBS1 by Salut! Web Master's Heaven HOMEへ戻る