テキスト/音声ページ
このサイトは、視覚障害者、聴覚障害者、高齢者の方など、どなたにも快適にご利用いただけるよう、バリアフリー仕様で作成しています。文字の大きさを選べると同時に、音声認識ソフト対応のテキスト版ページも用意しました。また、お気づきの点などありましたら、シグロまでご連絡ください。テキスト、音声ページはこちらよりご利用いただけます。
 








日本映画界の巨匠!東ヨーイチ監督。エロバリ挑戦で更に興奮度アップ!!

●主演はAV女優としてのキャリアからスタートした亜紗美(あさみ)。「片腕マシンガール」「ロボゲイシャ」など一般作への出演で、現在も熱狂的なファンの支持を勝ち得ている!
●不思議な洋館で、銀杏(ぎんなん)に次々と繰り返される禁断の調教、往年のエロティック作品「O嬢の物語」を彷彿とさせる。数限りない性の調教にさらされ、くりかえし肉体を痛めつけ、どこまでも調教を受け入れ、そしてその先に見えてくる新たな官能の世界を東ヨーイチが描く!



感じている私、官能の時間は終わらない・・・

陸橋の下を流れていくヘッドライトの光、赤いテールライト。手すりにもたれている若い女・銀杏。その視線はぼんやりと都会の夜景に向いている。やがて足音が聞こえる。銀杏の彼氏、吾郎だ。吾郎はその夜、銀杏を怪しい洋館に連れていった。痩せすぎの女が銀杏をシャワーに誘う。銀杏の感じるところを念入りにスポンジで洗う女。ベッドで銀杏を待っていたのは、赤い目出し帽を被った全裸の男。抗うことは許されず、銀杏は異様な調教に身を任せていった。それは吾郎との約束・・・。調教は一週間。毎日、様々な辱めを受ける銀杏。最初は耐えているだけの銀杏だったが、次第に別の豊かな感情が芽生えていくのだった。