CAST&STAFF
STAFF
CAST
菅原文太 五代謙三(68)
菅原文太
13年間刑務所にいて出所してきた。事件を起こしていながらも町の人たちは謙三を怖がる様子もない妙に魅力のある正義漢。友人知人も多い。ニックネームは“ゴダケン”さん。孫娘の珠子に“グランパ”と呼ばれるようになる。
1933年宮城県出身
〈主な映画出演作〉
「仁義なき戦い」(73〜)「トラック野郎」(75〜)「鉄拳」(90)
映画出演作は220本を超える。
石原さとみ 五代珠子(13)
石原さとみ
中学1年の女の子。芯が強く、いじめられっこの町子をかばったことから自分もいじめの対象となる。しかしグランパの出現により解消、次第に謙三に惹かれてゆく。様々な事件とグランパとの交流の中で少しずつ大人になってゆく。
1986年東京都出身。
27thホリプロTSC「ピュアガール2002」でグランプリを受賞。J−PHONEのCMで脚光を浴びる。
「窓を開けたら」(NHK3/24放送)の主演に抜擢、ファースト写真集も発売。4月からは「きみはペット」(TBS水22時)にレギュラー出演。
浅野忠信 中藤慎一(32)
浅野忠信
バー「じゃすみん」のマスター。先代は謙三の親友で、出所後も謙三の行きつけの店になっている。13年前の事件に大きく関わっている。
1973年神奈川県出身
〈主な映画出演作〉
「殺し屋1」(01)「水の女」(02)「アカルイミライ」(03)
待機作として「LAST LIFE THE UNIVERSE」「DEAD END RUN」がある。
平田 満 五代恵一(43)
平田 満
謙三の息子で、珠子の父親。ふつうのサラリーマン。謙三の生き方に理解を示す。
1953年愛知県出身
〈主な映画出演作〉
「蒲田行進曲」(82)「鉄道員」(99)「命」(02)
宮崎美子 五代千恵子(40)
宮崎美子
珠子の母親、恵一の妻。専業主婦。普通にみえて肝の据わった女性。
1958年熊本県出身
〈主な映画出演作〉
「乱」(85)「雨あがる」(00)「マナに抱かれて」(03年6月公開)
伊武雅刀 疋田隆三(58)
伊武雅刀
疋田組組長。13年前に無くなった組の資金2億円の行方を追って謙三と接触。
1949年東京都出身
〈主な映画出演作〉
「太陽の帝国」(87)「突入せよ!「あさま山荘」事件」(02)「TRICk劇場版」(02)
波乃久里子 五代 操(62)
波乃久里子
謙三の妻。珠子に“グランマ”と呼ばれている。謙三の出所に伴い五代家を出る。
1945年神奈川県出身
〈主な映画出演作〉
「吾輩は猫である」(75) 「てなもんや商社」(98)「三文役者」(00)
 
CAST
STAFF
東 陽一 監督・脚本
東 陽一 1934年和歌山県生まれ。早稲田大学文学部を卒業後、岩波映画製作所に入社。62年に退社後フリーに。第一回監督作は短編「A FACE」(63)。長編第一作は「沖縄列島」(69)。「やさしいにっぽん人」(71)で日本映画監督協会新人賞。「サード」(78)で芸術選奨文部大臣新人賞、キネマ旬報監督賞、ブルーリボン賞などを受賞。「橋のない川」(92)で毎日映画コンクール監督賞、報知映画賞監督賞などを受賞、また「絵の中のぼくの村」(96)では芸術選奨文部大臣賞、第46回ベルリン国際映画祭銀熊賞ほか国内外を問わず数多くの賞を受賞。最近作「ボクの、おじさん」(00)もベルリン国際映画祭に正式招待された。
製作総指揮 ……… 小田信吾 早河 洋
企画・製作 ……… 木村純一 堀 義貴 山上徹二郎 黒澤 満
プロデューサー ……… 石井 徹 菅井 敦 梶 淳
アソシエイト
プロデューサー
……… 岩本太郎 大健裕介
撮影 ……… 小林達比古
照明 ……… 中須岳士
録音 ……… 久保田幸雄
美術 ……… 菊地章雄
編集 ……… 青山昌文
スクリプター ……… 石山久美子
助監督 ……… 藤江義正
製作担当 ……… 森崎裕司
ラインプロデューサー ……… 渡辺栄二
音楽 ……… Alpha.(東芝EMI)
「Come From Heaven」
「The Impossible Thrill」
(株)東芝EMIより


タブラトゥーラ(ユニバーサルミュージック)
「タブラトゥーラ」
「タブラトゥーラ2」
「タブラトゥーラ3」
ユニバーサルミュージック(株)より
TOPページへ