STORY
囹圄(れいぎょ)−ひとや。罪人を入れておく場所。牢獄−
わたしのグランパが刑務所から帰ってくる――。
五代家の一人娘・珠子は中学一年生。
珠子の日常に突然、ムショ帰りの祖父、
五代謙三は入り込んできた。

まるで長い旅から戻ってきたかのように、
出所した謙三をあたたかく迎える商店街の人たち。
謙三が帰ってからというもの、
珠子へのいじめはなくなり、
不良グループによる校内暴力はおさまり、
ぎくしゃくしていた両親の関係までよくなっていく。

そんな中、家の前でヤクザが謙三を待ち構えていた。
バブルの時代、無二の親友を殺された仕返しに、
謙三は暴力団に単身乗り込み、組員を殺していた…。
その恨みをまだ忘れていないらしい。

正月、謙三はこっそりと計画して珠子とパーティーへ。
見違えるように大人っぽくなったドレス姿の珠子。
カウントダウンの大合唱の中、
学校が、この町が、そして珠子自身が
変わろうとしていた。

ある日、天井裏に謙三が珠子を手招きする。
そこには、札束のぎっしり詰まったトランクケースが…。
それは13年前、ヤクザから奪った金だった。
金の行方を追って、町を牛耳るヤクザが動き出す。
学校からの帰り道、珠子はさらわれ、
廃屋に連れ込まれてしまう――。

どこで生きようがこの世は囹圄(れいぎょ)。
生まれながらに捕らわれの身だからこそ、
世の中をきれいにしたい――。
義にかられ、事件を起こしながらも、
町の誰もが愛してやまないグランパ。

そのまっすぐな生き方が、今を生きるひとびとに、
忘れてしまった何かを思い起こさせる。
image
image
image
image
TOPページへ