監督からのメッセージ  

天草を舞台にした映画を撮る、と人に話すと、よく聞かれることがある。
「天草の出身ですか?」
しかしながら僕は東京生まれの東京育ち、親戚にも天草に由来のある人は見あたらない。
そしてもう一つ。
台本を読んで僕に出会った人には必ず助監督と間違われ、
自己紹介をすると「お若い方なんですね」と驚いた顔をされる。
これは映画のテーマと僕の年齢がどうも合わないということだろう。
通常映画は監督の体験がリアリズムをもたらすものだから。
そんな映画を作るにあたって、僕には一つだけ誓ったことがある。
それは、わからないことをわかったふりはしないということだ。

大きな船が空から降ってきたり、時間の止まった人が出てきたり、
とにかく現実にはあり得ないことばかりの物語なのだが、僕は決して嘘はつかないということを決めた。
セリフを書いたことは書いたのだけど、実際、八十五歳にもなろうとする人の本当のところはわからない。
だから、出演していただいた方の言葉に直してもらった。奇妙なシチュエーションだけを作りあげ、そこに生きる人達の言葉は演じる本人のものとした。
僕は主人公はると共に、彼らの言葉を傍らで聞いていて、カメラを回す。
それを繋いでこの映画はできあがったのだ。
結果、主人公はるの旅は、僕の旅でもあった。
その時感じた空気が少しでも画面から匂っていれば、それほどうれしいことはない。


監督・脚本 山本草介

what's new

2007年08月31日

追加!“ライブ+上映会”情報

【大分】にて下記の日程で、『もんしぇん』上映とPsalmライブが決定いたしました。
ご都合の良い方は是非お越し下さい。

日程:9月29日(土)

場所:色彩レストラン ラ・コワゼット
   大分市生石(いくし)港町2-5-12

1回目
13:00―13:10舞台挨拶 主演/玉井夕海
13:10―14:40映画上映 
15:00―16:00 Psalmライブ

2回目
17:00―17:10舞台挨拶 主演/玉井夕海
17:10―18:40映画上映
19:00―20:00 Psalmライブ

料金
映画+ライブ+ドリンク 3000円
映画のみ  1500円
ライブのみ 1500円

☆席に限りがありますので、電話もしくはメールで御予約ください。
  
   097-551-3001 (Re空間)
   090-5736-7422(Re空間 神田)
   info@reku-kan.com

-----

上へ | メニュー