Google
文字のサイズ
小
中
大

[ 2008/4/9 ] 坂田雅子初監督作品「花はどこへいった」の公式サイトをオープンしました。

坂田雅子初監督作品「花はどこへいった」の公式サイトをオープンしました。

6月14日(土)から7月4日(金)まで岩波ホールにて3週間限定特別上映!
他、全国順次公開予定。

本作の監督・坂田雅子さんが、フォト・ジャーナリストだった夫のグレッグ・デイビスを肝臓がんで亡くしたのは、彼が入院してわずか2週間後のことでした。彼の死は、米軍兵士として送られたベトナムの戦場で浴びた枯葉剤が原因ではないかと友人から示唆された彼女は、夫への追悼と枯葉剤への疑問から、ベトナムへ行くことを決意します。そこで彼女が目にしたのは、戦後30余年を経た今もなお、ダイオキシンを含んだ枯葉剤が、がんや生まれながらの障害を起こさせ、大地を蝕みつづけているという現実でした。
映画は亡き夫の鎮魂にとどまることなく、受難を引き受けたベトナムの人々の家族愛と平和への思いを描き、戦争や枯葉剤被害の実態に静かに迫ります。

<< ニュース一覧へ