Google
文字のサイズ
小
中
大

[ 2009/1/22 ] 第63回毎日映画コンクールで劇映画、ドキュメンタリーW受賞!

シグロが製作した「ぐるりのこと。」(製作:「ぐるりのこと。」プロデューサーズ/配給:ビターズ・エンド)が、第63回毎日映画コンクール・日本映画優秀賞と脚本賞(橋口亮輔)を受賞しました。また同時に「花はどこへいった」が、ドキュメンタリー映画賞を受賞しました。
劇映画とドキュメンタリー映画の両部門で同時受賞するのは今回シグロが初となります。

「ぐるりのこと。」は、橋口亮輔監督が前作「ハッシュ!」以来6年ぶりに手掛けた最新作。2008年6月7日にシネマライズ・シネスイッチ銀座で公開、全国でロングランヒットを記録しています。
今後の上映情報はこちら。

「花はどこへいった」は、坂田雅子監督自らがベトナムへ渡り、枯葉剤被害の実態を追った初監督作品。2008年6月14日に岩波ホールで公開され、話題となりました。現在も沖縄・桜坂劇場をはじめ全国各地での上映と監督の講演が予定されています。また自主上映会も受付けています。
今後の上映情報はこちら。

<< ニュース一覧へ