Google
文字のサイズ
小
中
大

[ 2009/9/9 ] 2009年、韓国映画界に<奇跡>をおこしたドキュメンタリー!! 「牛の鈴音(うしのすずおと)」の日本公開が12月に決定しました!

2009年、韓国映画界に<奇跡>をおこしたドキュメンタリー!!
「牛の鈴音(うしのすずおと)」の日本公開が12月に決定しました!


韓国映画界に奇跡をおこし、「牛の鈴症候群」と呼ばれる社会現象にまでなったドキュメンタリーの日本公開が決定いたしました。
監督はこれが第1作となるイ・チュンニョル。3年余りの月日をかけて完成させた『牛の鈴音(うしのすずおと)』(原題:워낭소리ウォナンソリ/英題:Old Partner)は、韓国の田舎の美しい四季とともに、老いた農夫と一頭の老いた牛の暮らしを見つめたドキュメンタリーです。

今年1月15日に韓国で公開されるや、映画の評判が口コミで広がり、またたく間に100万人突破。なぜこの静かな映画が、これほどの大ヒットになったのかが話題を呼んで、累計約300万人動員という驚異的な記録を作りました。

韓国では「これを見て泣かない人は人間ではない」とまで言われた本作、12月の公開をお楽しみに!

●12月 シネマライズ、銀座シネパトス、新宿バルト9ほか全国ロードショー

<< ニュース一覧へ