Google
文字のサイズ
小
中
大

[ 2015/6/17 ] 1)石田優子監督著『広島の木に会いにいく』刊行! 2)6月20日〜21日うらやすドキュメンタリー映画祭にて上映&トーク

==================================
1)石田優子監督著『広島の木に会いにいく』刊行!
  《「被爆樹木」をテーマにしたノンフィクション本 》
2)6月20日〜21日 うらやすドキュメンタリー映画祭にて上映&トーク
  『はだしのゲンが見たヒロシマ』『みつばちの大地』
==================================
1)石田優子監督著・ノンフィクション『広島の木に会いにいく』刊行!
  《「被爆樹木」をテーマにしたノンフィクション本 》
------------------------------------------------------------------------
「被爆樹木」は、爆心地から約2キロメートルの距離にあり、広島市が認定
している原爆を生き抜いた木です。被爆体験を語る方々が高齢化し、少なく
なってきているなか、いまも広島の街で生き続ける被爆樹木の存在が注目さ
れつつあります。
『はだしのゲンが見たヒロシマ』(2011)の石田優子監督が、3年近くの時間
をかけて広島へ通い、木に関わる人びとの話をきき続けました。被爆樹木を守
る樹木医や、被爆証言と木の思い出を語る被爆者たち、爆風や放射線の影響を
調べる研究者などのさまざまな証言から、被爆樹木と原爆について考える
ノンフィクションです。
やさしく読みやすい文で書かれ、イラストや写真、被爆樹木マップなどを多数
収録。子どもから大人まで幅広い世代の方々にお読み頂ける一冊です。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
『広島の木に会いにいく』(石田優子著)
本体価格1,800円/239ページ/偕成社刊
6月15日以降、全国の書店にて発売開始!!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
------------------------------------------------------------------------
2)6月20日〜21日 うらやすドキュメンタリー映画祭にて上映&トーク
  『はだしのゲンが見たヒロシマ』『みつばちの大地』
------------------------------------------------------------------------
今年で第4回目となるうらやすドキュメンタリー映画際が開催されます!
様々なテーマのドキュメンタリーを「抗う土曜日」、「育む日曜日」と題し
て2日間にかけて上映されます。
初日の20日(土)は『はだしのゲンが見たヒロシマ』の上映と石田優子監督
によるトークが行われます。新刊『広島の木に会いにいく』も購入頂けます。
同日夕方から山上徹二郎プロデューサーが参加し「映画プロデューサーの役割」
についてのシンポジウムが行われます。是非お越しください。

《うらやすドキュメンタリー映画際2015》
会場 浦安市民プラザWave101 大ホール
(住所:千葉県浦安市入船1-4-1 ショッパーズプラザ新浦安4階)
★6月20日 (4作品上映)
10時30分〜 『はだしのゲンが見たヒロシマ』上映&石田監督トーク
12時45分〜 『三里塚に生きる』(大津幸四郎監督/代島治彦監督)上映&トーク
18時00分〜 シンポジウム〜映画プロデューサーの役割〜 
  ゲスト:代島治彦さん、橋本佳子さん、山上徹二郎(シグロ代表)
★6月21日 (4作品上映)
18時00分〜 『みつばちの大地』(マークス・イムホーフ監督)上映
他作品の上映スケジュール、詳細はこちらからご確認ください。
http://urayasu-doc.com/festival2015/

<< ニュース一覧へ