ニュース News

2011.08.12

new第10回世界自然・野生生物映像祭にてグランプリ受賞!

先日、富山にて開催された第10回世界自然・野生生物映像祭にて世界50カ国、500作を超える作品の中から『牛の鈴音』がグランプリを受賞いたしました!
映像祭に関わったみなさまありがとうございます。

この機会に是非あの感動をもう一度!
「牛の鈴音」DVD絶賛発売中です!
DVDのご購入はコチラ

↑


2011.04.18

「真!韓国映画祭2011」にて上映決定!

リアルな韓国の“今”を伝える本物の韓国映画作品を選考し上映している「真!韓国映画祭」の関連上映として
「牛の鈴音」が上映されることになりました!
映画祭では、全州国際映画祭(09年)の観客評論家賞を受賞した『ソウルのバングラデシュ人』、
1950年に実際に起きた事件を再現した『小さな池-1950年・ノグンリ虐殺事件』など全6本が上映されます。

◎「真!韓国映画祭2011」
◎期間:5月28日(土)〜6月17日(金)
◎劇場:K's cinema
    TEL:03-3352-2471 東京都新宿区新宿3丁目35-13
◎「牛の鈴音」上映日期間:6月14日(火)〜6月17日(金)
※時間は劇場にお問い合せください。

↑


2010.08.23

「名古屋シネマフェスティバル2010」にて上映決定!!

◎期間:9月4日(土)〜9月10日(金)
◎会場:伏見ミリオン座
◎「牛の鈴音」上映日:9月7日(火)10:30〜
           9月9日(木)14:30〜

△そのほかの上映作品
「神様ヘルプ」「僕の初恋を君に捧ぐ」「老人と海」「ビューティフルアイランズ」など

お問い合わせ:名古屋シネマフェスティバル事務局 TEL/052-231-2005(月〜金/10:00~18:00)

↑


2010.08.23

アンコール上映決定!

みなさまのご要望にお応えして、大阪/第七藝術劇場、札幌/シアターキノにてアンコール上映が決定しました!
見逃した方や、もう一度スクリーンで見たい!という方は是非劇場まで足をお運びください!
各劇場の上映期間は下記の通りです。

第七藝術劇場 9月11日(土)〜9月17日(金)
シアターキノ 10月9日(土)〜10月15日(金)
※時間は各劇所にお問い合わせください。

↑


2010.06.18

『牛の鈴音』DVDリリース決定!

photo
2010年9月8日(水)発売開始!
価格:¥5,040(税込)
収録時間:本編78分+特典映像約30分予定
仕様:片面・一層/COLOR/ステレオ/16:9ビスタサイズ
バリアフリー対応(日本語字幕/副音声)

★特典映像
  • ・監督&プロデューサーインタビュー
  • ・舞台挨拶
  • ・予告編(本国オリジナル版&日本版)
★封入特典
  • ・ミニブックレット

☆商品の詳細はこちら↓
http://www.vap.co.jp/ushinosuzuoto/

↑


2010.04.16

公開劇場更新しました!

石川、和歌山、佐賀でも公開が決まりました!
詳しい劇場情報はコチラ

また劇場以外での上映スケジュールはコチラをご確認ください。

↑


2010.03.18

札幌/シアターキノ ロビーにてスチル写真が展示されています!

photo
「牛の鈴音」の世界を美しい韓国の四季とともにじっくりお楽しみいただけます!

↑


2010.03.18

第66回 読売映画・演劇広告賞 ミニシアター賞受賞!!

12/18(金)の読売新聞(東京版・夕刊)に掲載された「牛の鈴音」の広告が読売映画・演劇広告賞 ミニシアター賞を受賞しました。
ありがとうございます!


↑


2010.02.22

「ららヨコハマ映画祭2010」にて上映が決定いたしました!

日程:4月9日(金)
会場:TOHOシネマズららぽーと横浜

*詳細が決まりましたらまたお知らせします!

↑


2010.02.09

菅原文太さん「牛の鈴音」と「日本の農業」について語る

photo

(左:加西市市長・中川暢三氏 右:菅原文太氏)

兵庫県加西市で昨年12月19日に東京と大阪と同日にロードショーをスタートしたところ、当初の予想をはるかに超える動員数を記録しました。

そこで、この“まちおこし”ロードショーを成功させた、加西市中川暢三市長(加西市国際交流協会会長)の呼び掛けで、全国の自治体の関係者を対象とした「牛の鈴音」の特別試写会が先日都内で行われました。

また、上映前には山梨県で農業を営み「牛の鈴音」の題字も手がけてくださった、俳優・菅原文太さんの講演も行われ、「日本の現代農業と違い、機械や農薬に頼らず、土と親しみ、格闘するおじいさんの姿は農業の原点。まだまだ音を上げられないと元気づけられた」と語りました。

↑


2010.02.03

公開劇場が更に拡大!!

埼玉、栃木、群馬など関東地方をはじめ、青森、岩手、宮城、山形、福島、長野、三重、富山、福井などにも続々拡大中です!
詳しい劇場情報はコチラ

↑


2010.01.22

続々と拡大公開劇場が決定中!!

千葉、新潟、静岡など関東近郊をはじめ、岡山、広島、九州、沖縄にも続々拡大中です!
詳しい劇場情報はコチラ

↑


2010.01.22

あきた十文字映画祭にて「牛の鈴音」上映が決定いたしました!!

第19回あきた十文字映画祭 「雪の上にも19年」
開催日:2010年2月19日(金)、20日(土)、21日(日)
開催地:横手市十文字文化センター
→ 映画祭公式HP

「牛の鈴音」の上映は【2月21日(日)10:00〜】です!
詳細は、あきた十文字映画祭実行委員会 事務局までお問い合わせください。
→ http://www.akita-jcf.net/info/info.htm

↑


2010.01.15

「劇場情報」を更新しました。

東京・ライズX、
北海道・シアターキノ、
愛知・ゴールド・シルバー劇場、
福岡・KBCシネマ、
神奈川・ムービル、
神奈川・川崎市アートセンター
でも上映が決定しました!!

↑


2009.12.17

「劇場情報」を更新しました。

京都府 京都シネマでも上映が決定しました!!

↑


2009.12.17

「銀座シネパトス」にて14枚のパネル展開始!

photo
銀座シネパトスの三原橋通路にて、劇場スタッフ渾身の力作、14枚のパネルが絵本のように“牛の鈴音”の世界に引き込んでくれます。

↑


2009.12.17

監督イ・チュンニョルが来日

photo

(写真左からイ・チュンニョル監督、黒田福美さん)

監督イ・チュンニョルが12月19日の日本公開を前に来日し、舞台挨拶と記者会見を行ないました。
12月10日にスペースFS汐留で行われた上映前舞台挨拶では俳優で韓国文化・映画をこよなく愛する黒田福美さんがゲストとして登壇しました。

観客に向けて監督は「この映画は自分を育ててくれた父母について見つめ直し関係を考え直す映画です。“親不孝者”が観て電話をしてみようと思っていただけると嬉しいです」と語り、上映後には目を真っ赤にした観客が監督に駆け寄って握手を求める姿が多くみられました。
photo

(写真左からイ・チュンニョル監督、兵庫県加西市市長・中川暢三氏)

翌日には映画を東京、大阪に合わせてロードショーすることを決断した兵庫県加西市市長・中川暢三氏と記者会見を行ないました。
中川市長は加西市ねひめホールでの上映を熱望した理由として「かつての日本の農村の情景が描かれている『牛の鈴音』を是非加西市民にも観ていただき、自然の恵みに感謝して心豊かにゆったりと生きていく事の素晴らしさと、自分の今いる場所を見つめ直し、加西市にも素晴らしいものがあると実感して欲しい。また大都会で生きている人にも田舎で生きる事の素晴らしさを知って欲しいと思った」と語りました。

↑


2009.12.15

「劇場情報」を更新しました。

兵庫県 加西市ねひめホールでも上映が決定しました!!

↑


2009.12.4

「コメント」「ハングルページ」をアップしました。

各界の著名人の方々から素敵なコメントが届いています。
みなさんのコメントはこちらからご覧頂けます。

↑


2009.11.09

「牛の鈴音」携帯公式サイトがオープン!

「牛の鈴音」携帯公式サイトがオープンしました。
トップページのQRコードを携帯で読み取ってアクセスしてください。

↑


2009.11.09

<コリアン・シネマ・ウィーク2009>
監督&プロデューサー舞台挨拶映像をyoutubeにアップしました!

10/18(日)東京国際映画祭提携企画<コリアン・シネマ・ウィーク2009>にて先行上映され、会場はたくさんの笑いと涙でつつまれました。
上映後、この日の朝に日本についたばかりのイ・チュンニョル監督とコー・ヨンジェプロデューサーが登場し、撮影の裏話や観客からの質問にユーモアを交えて答え、和やかな雰囲気の中、舞台挨拶が行われました。

→ http://www.youtube.com/user/ushinosuzuoto#p/u/1/jJE95Um_ENk

↑


2009.10.09

東京国際映画祭「コリアン・シネマ・ウィーク2009」にて「牛の鈴音」の上映が決定しました!

12月の公開に先駆けて一足先に劇場でご覧いただけます。この機会をぜひお見逃しなく!

◆日時:10月18日(日)開演13:30〜(開場13:00)
◆会場:新宿ミラノ2(全席指定、各回入替)
◆お問い合せ:韓国文化院(TEL. 03-3357-5970)

→ 韓国文化院:コリアン・シネマ・ウィーク2009

↑


2009.10.09

「牛の鈴音」公式サイトがオープン!

韓国映画界に<奇跡>をおこしたドキュメンタリー「牛の鈴音」公式サイトがオープンしました。
現在、準備中のコンテンツも順次アップしていきます。

↑