監督のことば
 
  まなざしの写真家
 
  イメージ 牛腸茂雄という写 真家がいた。'83年にわずか36歳で早世した時、彼の写真の奥深さに気づく人は少なかった。自分の身の廻りのありふれた人々が、ただカメラを見詰めているだけのあまりにも日常的な写 真である。だが、その透明なまなざしに見返されていると、人と人との繁がりの綾も日常を切り裂く闇も、まるで“わがこと”のように見えてくる。牛腸の写 真のまなざしは、時代とともに味わいを増し、人々の心を捕らえていった。だが、この映画は夭折した写 真家の評伝でも作家論でもない。牛腸の残した写真のそのまなざしに魅き込まれて、ただジーッと眺めていたいと考えた作品だ。牛腸のゆかりの地に立ち、残された草稿や手紙と写 真とをコラージュすることで、彼が写真表現を通して追求してきた<もうひとつの身振り>を映画にとり込みたいと夢想した。写 真とは他者が自己に触れてくるギリギリの地点に立つ表現行為だったのである。
 
 
 
Copyright(c)2001,Euro Space Ltd. All rights reserved. SIGLO