Google
文字のサイズ
小
中
大

捕鯨に生きる <ビデオ作品>

日本は古くから捕鯨の国であった。
今も日本の沿岸では捕鯨が続けられている。

作品写真
商品名 金額(税込) 購入数

ビデオ:個人

5184円

※2,000円以上ご注文いただいた場合、送料は当社の負担とさせていただきます。

※下記商品についてはお問い合せください。
ビデオ:ライブラリー 16,000円

※購入数を選択してください

シグロ
1998
40分

製作:シグロ
監督:梅川俊明
制作:山上徹二郎/庄幸司郎
撮影:一之瀬正史
録音:弦巻裕
ナレーター:大谷直子
音楽:林英哲
CD「風の宴」より

  • 1997年度文化庁
    芸術文化振興基金助成
  • 文部省特選
    社会教育用ビデオ
    <小学校高学年〜一般>

日本の捕鯨の“現在”を描く

 ここに描かれているのは、現在も行われている沿岸小型捕鯨と北太平洋での捕獲調査、日本の2つの捕鯨の現実だ。撮影スタッフは捕鯨船に同乗し、鯨捕り達と生活を共にしながら捕鯨の現場を撮影した。

日本の食文化の本質に迫る

 日本では現在も捕鯨が続けられており、捕獲された鯨は体中無駄なく利用され、日本人の文化として定着している。鯨捕り達の力強い労働と伝統的な捕鯨技術の記録を通して、私たちの食文化の本質に迫る。

文部省特選作品

 梅川俊明の第1回監督作品・映画『鯨捕りの海』を、教材用ビデオとしてリメイク。舞台を日本に限り、よりわかりやすく焦点の絞られた構成となっている。大谷直子がナレーションを務める。

関連作品